信じられる予想を手に入れよう!


競馬を始めた頃は何を元に予想したらいいかわかりませんよね。私もわかりませんでした。でも、競馬をやって負けると悔しいし、勝ちたいと思うものです。
ここで紹介しているのは、私が唯一出会った「お〜〜!」と思わせる予想方法です。それまでは「本当かな??」と思わせる予想ばかり見てきましたが、これは違いました。心から納得できる予想です。それに自分で予想ができるというのが、私は好きです。やっぱり競馬は自分で予想しないとね♪
まだ、信じられる予想方法と出会っていない人は参考にしてみて下さい。


STEP1 Mの法則

私はこの「Mの法則」に出会ったのは、「月刊 競馬王」(毎月8日発売)を読んで知りました。それまでは本当に信用できる予想はありませんでしたので、なんとなく読んでいました。読んでいるうちに「この予想にはスジが通っているし、理屈も通る!」と思いました。かなり興味を惹かれた私は当時発売したばかりの「M3(エムトライアングル)」を購入しました。

「Mの法則とは、競走馬の心身状態えお分析し、次のレース、つまりいまあなたが買おうとしているそのレースに対して、馬がどのようなアクションを取るのかを徹底的に分析したものだ。
 とまどうのか、焦るのか、投げ出すのか?
 馬は生き物だ。機械的に前走と同じ走りなどできはしない。しかし同時に、競馬は勝つために走るということに集約された、限られた競技だ。したがって、馬は各個性(=ヴィサージュ)に」よって、いくつか決められたアクションを起こす。」

これは「M3(エムトライアングル)」のまえがきの一部です。興味を持った方はこちらを御覧下さい。

M3(トライアングル)1998最強サラブレッド辞典 著:今井雅宏 メタモタル出版

STEP2  ウマゲノム版種牡馬辞典

この本はすごいです。種牡馬別に距離別、さらに前走と距離を比較して短縮・延長・同距離に分け、連対率・単勝回収率を算出しています。この本があるだけでレースの予想に苦労しません。この本の凄い所、他の種牡馬データ本と違うところは2つあります。

1つ目は前走との距離を比較して短縮・延長・同距離に分けているところ

2つ目はその全ての条件の単勝回収率が算出されているところ

この2つです。連対率は掲載されている場合もありますが、上記2つが載っている本はありません。私もかなり気に入っています。気に入りすぎて自分で作ってしまいました。それが種牡馬条件別回収率です。私が作ったのは最新のデータです。
この本には数百頭の種牡馬データが今井氏の解説付きで載っていて、Mの法則を知っている人にはとっても参考になるコメントも載っています。もちろんMの法則を知らない人にもかなり参考になるはずです。
興味を持った方はこちらをどうぞ。

種牡馬辞典(2(グローバルリズム編))ウマゲノム版
著:今井雅宏 白夜書房

STEP3 ウマゲノム版血統コース辞典

2006年最新本。ウマゲノムを各コース別に見ていきます。種牡馬により得意な競馬場、不得意な競馬場もあります。さらに競馬場別の得意な距離、不得意な距離も掲載されていますので、人気馬を切ったり、人気薄を買ったりするのにとても適している本です。



STEP4 増補改訂新装版 爆走・ローテーション理論 短縮ショッカー

これも上記のウマゲノム版血統コース辞典と同時発売の最新本です。どの馬が勝つか簡単に知りたいという人にはこの本がオススメ。なぜなら、条件に当てはまる前走より距離が短いレースに出走している馬を買うだけで穴馬券が獲れます。本命馬券ではなく穴馬券ですよ。二桁人気の馬から悠然と流す馬券を買いたい人にはオススメの本です。



STEP5 3連複・馬単万馬券を狙って獲る方法

この本もMの法則の延長になります。この本は実際のレースを元に今井氏がわかりやすくMの法則に乗っ取って解説してくれます。もちろん人気馬を高く評価するなんてありません。そんなの普通ですよね。この本ではこのレースで人気になっている馬はこういう理由で来ないと判断できる、この人気薄はこういう理由で今回激走する確率が高いと解説してくれています。もちろん今後のレースを予想するうえでとても良いアドバイスとなります。

なぜ人気だった馬が負けたのか、なぜ人気のなかった馬が連に絡んだのか考えたことがあるでしょうか?もちろん一人で考えても答えはでないかもしれません。でも、この答えがわからないと高配当は獲ることはできませんし、競馬でトータルで勝つことはできません。

そういう意味でこの本はすごくタメになる本でした。
興味を持った方はこちらをどうぞ。

3連複・馬単万馬券を狙って獲る方法 著:今井雅宏 毎日コミュニケーションズ


STEP6 Mの法則2004 馬単・3連複・3連単完全対応編

この本もMの法則の集大成です。
この本を読めばレースで勝つ馬は
1番速い馬ではなく、1番格上の馬でもなく、1番気持ちよく走れる状態でレースに臨んだ馬
であることがわかります。

「Mの法則の基本をしっかり教えてほしいという要望を受けて、今回の本では、手記の作品が絶版になっていることもあり、Mの基本理念を順番につづっていくことにした。
 接戦ストレス、生涯ストレス、M3、サラブレッド・ヴィサージュ、ショック療法、リズム・・・。
 馬の心身状態を分析して馬券を考えるという「Mの法則」は、その誕生から10年以上の歳月を経て、様々な進化を遂げてきた。そのすべてを順を追って書き記すのはこの1冊の本では不可能に近いだろうが、できるだけ初心者の人にも分かるように、Mの全容を具体的なレースに沿って説明していきたいと思う。」

これはこの本のまえがきの一部です。この本では初心者でも分かるようにMの法則についてわかりやすく説明してあります。Mの法則を知らない人にも分かり、きっと衝撃を受けることと思います。
興味を持った方はこちらをどうぞ。

Mの法則(2004)馬単・3連複・3連単完全対応編 著:今井雅宏 メタモル出版

ここまで読んでくれた方には分かると思いますが、私も当然上記の本を持っています。そして他の人にも読んでほしいと思っています。これらの本を読んで予想の役に立ててもらえれば私も嬉しいです。今井氏に興味をお持ちの方は下のリンクを使って下さい。
品切れの場合はこちらのサイトで「今井雅宏」で検索して探してみてください。
 Amazon.co.jpアソシエイト1500円以上で配送料が無料になります。
今井雅宏作品集はここをクリック

3000円以上で配送量が無料になります。「今井雅宏」で検索して下さい。

Click Here! 1500円以上で配送料が無料になります。「今井雅宏」で検索して下さい。

「今井雅宏」で検索して下さい。

「今井雅宏」で検索して下さい。ここは在庫があります。


種牡馬で馬券を獲ろう
〜簡単馬券攻略〜
ネットでwin−副収入の稼ぎ方−もよろしく