過去の予想(2004年1月〜6月)

6/27宝塚記念(GT)
本命は3番ゼンノロブロイ。このレースは基本的に前走天皇賞・春を使っている馬を買う。阪神の2200はタフだから距離短縮で出走すると有利になるからだ。それにこの馬は戦績が安定しているのと、今回と同じ阪神での神戸新聞杯で圧勝しているのがいいね。対抗は5番ザッツザプレンティ。こちらも天皇賞からの短縮組。デムーロで巻き返す!?あとは1番シルクフェイマスと8番リンカーンを押さえる。リンカーンは前走惨敗。前走もしくは最も最近に走ったGIで惨敗したサンデー産駆がGTを勝った例はないので本命にはできない。本来なら切るところだが、相手関係を考えると力は上位なだけに押さえました。

馬連 3 ― 1・5・8

結果
勝ったのは1番人気のタップダンスシチー。3コーナー過ぎで先頭に立つと直線差を広げて完勝。とても7歳馬とは思えない。凱旋門賞も頑張ってもらいたい。2着はシルクフェイマス。4コーナー2番手で直線へ。しかし、勝ち馬とは馬体を合わせることもできなかった。3着はよく追い込んだリンカーン。本命のゼンノロブロイは最後リンカーンに交わされ4着。直線はシルクに少し邪魔をされたが3着でも外れだしな・・・。5着にザッツザプレンティで人気馬がほぼ力を出し切った結果に。この予想はいつになったら当たるのやら・・・。

的中率  7.7%
回収率 10.5%
6/20プロキオンS(GV)
今週の重賞はこれしかありません。本命は4番ビワシンセイキ。フォーティーナイナー産駆の短縮で期待できる。鞍上も安勝で心強い。阪神のダートが得意なのも嬉しい。対抗は同じくフォーティーナイナー産駆の7番ツルマルファイター。前走は延長だったから仕方がない。しかし、今回は同距離。フォーティーナイナー産駆は同距離も得意だ。あとは14番ニホンピロサート。こちらはスターオブコジーン産駆で同距離1400は大得意。外せない。あとは人気でも13番エイシンハンプトンへ。

馬連 4 ― 7・13・14

結果
ビワシンセイキは7着。騎手が落馬負傷で乗り変わったのも良くなかったが、馬体重が増えていたのも良くなかった。直線はじりじり伸びていたけど・・・。勝ったのはニホンピロサート。馬も鞍上小牧太も重賞初勝利。2着はエイシンハンプトン。縦目決着だが、人気馬同士での決着だから仕方がないところ。ツルマルファイターは6着。そろそろ当てたいんだけど・・・。

的中率  8.0%
回収率 10.0%
6/13エプソムC(GV)
本命は9番ハスラー。格上げ戦でテンションも高い。それにサンデーは格上げ戦で狙うのが基本。それも今回が重賞初挑戦。鞍上小牧もいい。対抗は7番タケハナオペラ。前走は前々走の反動で負けただけだから気にならない。今回は斤量が増えるのは良くないが、距離短縮が期待できる。あとはこれも前走は反動で負けた5番マイネルソロモンと長期休養明けだがこのメンバーでは力が上位の2番ミスキャストへ。このレースは荒れる。

馬連 9 ― 2・5・7

結果
ハスラーは11着。4角2番手で馬ナリで直線へ。直線半ばで追い出し始めるも伸びず。勝ったのは3番人気のマイネルアムンゼン。終始内ラチ沿い。直線も最内を伸びて後続を退ける。2着は連闘のダンツジャッジ。3着は1番人気のワールドスケール。マイネルソロモンは見せ場なくブービー。ミスキャストは長期休養明けなのになぜか馬体重減で15着。散々な予想だな・・・。

的中率  8.3%
回収率 11.5%
6/7安田記念(GT)
本命は1番ファインモーション。間隔をとった方がいいタイプ。牡馬が相手ならマイルくらいがいいし、前年のマイルCS2着なら実績も充分でしょう。鞍上も心強い。対抗は13番メジロマイヤー。サクラバクシンオー産駆は芝短縮1600は連対率0.250、単勝回収率298円、複勝回収率148円、東京競馬場も得意と相性抜群!人気はないが買いたくなる存在。あとは京王杯SCの勝ち馬の5番ウインラディウスと14番ツルマルボーイへ。
テレグノシスは前走、京王杯SC2着。京王杯SC2着馬の安田記念の成績はエアジハードが勝ったのみと相性が悪い。トニービン産駆が東京競馬場を得意としているとはいえ、休み明けの芝1400を激走するトニービンらしくないテレグノシスを買うことはできない。外国馬はよくわからない。

馬連 1 ― 5・13・14

結果
ファインモーションは13着。道中掛かり気味で直線伸びず。雨を考慮するのを忘れてた。勝ったのは14番ツルマルボーイ。ダンスインザダーク産駆の短縮芝1600は単勝回収率237円と高いので評価はしていたが久々の距離というのが少し気になっていた。直線で大外に持ち出さなかったのが勝因か!?2着はテレグノシス。こちらはてっきり直線大外かと思って評価していなかったが、勝ち馬と同じ直線の真ん中あたりをついてきたのが良かった。ウインラディウスは見せ場なく14着。メジロマイヤーは逃げつぶれて18着。

的中率  8.7%
回収率 12.0%
5/30日本ダービー(GT)
本命は普通だけど9番コスモバルク。皐月賞で一番強い競馬をしたのはもちろんこの馬。東京に変わって特にプラス材料もなさそうだが、不安材料もない。馬体重の増減さえ激しくなければ勝ち負けでしょう。対抗は17番ハイアーゲーム。前走、青葉賞の勝ちっぷりは文句なし。サンデー産駆でGTでこその馬。外枠なのは少々誤算だが、馬体重大幅増さえなければ上位争いは間違いない。
人気になりそうなキングカメハメハは前走NHKマイルC圧勝も今回は切ります。前走、NHKマイルCを使った馬でダービーを連対した馬はタニノギムレットのみ。クロフネも5着に負けた。問題は800mの距離延長にあるが、タニノギムレットの場合はNHKマイルカップを3着に負け疲れもなかったこと。NHKマイルよりダービーの方が通常強い相手となるが、強い相手こその血統だったこと(父ブライアンズタイム)。そして、延長がめっちゃ得意な武豊だったことと推測する。キングカメハメハの場合はNHKマイルは勝ったが圧勝で疲れは少ない。距離延長は問題なさそうだが、強い相手は好まない血統だ。安藤勝は決して下手ではないが距離延長での騎乗のうまさで言えば武豊かの方が上。以上のことからキングカメハメハを切ります。唯一気になるのは普通はNHKマイルよりダービの方が相手が強くなるのが普通だが今年はそうとも言えない事。ただ、不安材料があるのは間違いない。
皐月賞馬のダイワメジャーは母父ノーザンテーストが不安。サンデーサイレンス×母父ノーザンテーストの馬が2000m以上のGTを勝ったのはダイワメジャーだけ。かなりの頭数と良血がいてこの結果はかなり悪い。短距離を含めたとしてもデュランダルが増えるだけだ。さらに2着もディヴァインライトの高松宮記念だけ。これは決して偶然ではない。ダイワメジャーの場合も実力で皐月賞を勝ったとは言えない。切って間違いない。
今回は1点勝負!

馬連 9 ― 17

結果
コスモバルクは8着。レース前入れ込んでいてよくなかった。道中も少し掛かり気味で仕方がない敗北だった。勝ったのは1番人気のキングカメハメハ。高速外伸びの特殊馬場で揉まれずいい競馬ができたのが勝因。800mの距離延長も何のその。思っていたより強い。ハイアーゲームは3着。勝ち馬をマークして直線へ。坂の途中で並びかけるかと思ったがそこから離されハーツクライ差されて3着。ハーツクライとの差は勝ちにいった分。

的中率  9.1%
回収率 12.6%
5/23オークス(GT)
怪しい人気馬がいないから買いにくいメンバーです。本命はありがちだけど5番ダンスインザムード。力が違う。桜花賞であれだけ強い勝ち方をすれば距離とか相手とかは関係ないでしょう。対抗は1番スイープトウショウ。桜花賞のところでも言ったが、決して桜花賞5着は評価を落とすものではない。今回は反動もないからいいレースができるはず。あとは、7番ヤマニンシュクルと8番アズマサンダースの桜花賞上位組へ。桜花賞以外の路線では16番グローリアスデイズに注目していたが、外枠は厳しい。うまく早い段階で内に潜れればわからないが・・・。

馬連 5 ― 1・7・8

結果
ダンスインザムードは4着。馬体重プラス14キロはないでしょう。勘弁してほしいなあ。
勝ったのは13番ダイワエルシエーロ。前走はクイーンSの反動で負けただけでこの馬が弱いだけではなかった。私も個人的にダンスとダイワから3連複を買ったがハナ差の1、2、4着で50倍を獲れず・・・。ゴール10m手前まではやったと思ったのにな・・・。2着は評価していたスイープトウショウ。ヤマニンシュクルは5着。アズマサンダースは8着だった。ヤマニンシュクルもアズマサンダースも少し馬体重減りすぎな感じだ。長距離だし絞りすぎは怖い。
ダンスは4着に負けはしたが、距離というよりは仕上げが疑問だったから秋は問題ないでしょう。ダイワは桜花賞を除けばかなりの成績。これだけの力は持っていたと思う。今回は決してフロックではなかったと推測する。グローリアスデイズは14着と負けたが、スローの外枠は逃げない限りは外をまわされかなり不利だから今回は仕方ないといったところか。秋に好勝負できるようになっていてもおかしくはないと思う。

的中率  9.5%
回収率 12.8%
5/16新潟記念(GV)
パッとしないメンバーが揃いました。本命は8番カゼニフカレテ。このメンバーでは一枚上でしょう。休養明けでも長期休養ではないから問題ないでしょう。成績も安定している。対抗は3番メイショウキオウ。前走は距離短縮して負けたが2000mに戻って先行できれば上位争い。あとは軽ハンデの格上挑戦の10番マーベラスダンスと調子を上げてきた16番マイネルアムンゼンへ。ヤマノブリザードは前走オープンを勝ったからといって重賞で買う馬でもない。ブルーイレブンはコントロールが難しい馬だからはたして中舘でうまく乗りかなせるか心配。

馬連 8 ― 3・10・16

結果
カゼニフカレテは8着。残り100mではやったかと思ったが・・・。勝ったのは16番マイネルアムンゼン。中段から直線大外へ。馬場が特殊でほとんどの馬が広い新潟の大外に集中した。ゴール前差し切り。2着はハレルヤサンデー。雨が降って直線で混戦になったのが良かった。メイショウキオウは5着、マーベラスダンスは6着。ヤマノブリザードとブルーイレブンは揃って7着、13着と負けてくれたのは予定通りだったけどなあ。
気になったのは4着のウインクリューガー。次走、安田記念を使うようだったら注目したい。

的中率 10.0%
回収率 13.4%
5/9NHKマイルC(GT)
とりあえず1番人気になるであろうシーキングザダイヤを切ります。本日、追加のストームキャットを見ると、芝1600の同距離で連対したのは同馬のみ。さらに芝1600m全体で見ても、出走32回に対し6連対、単勝回収率24円と優れない。ただ、複勝回収率が83円あるのは微妙だが。さらに阪神、中山は比較的得意なのに対し、東京は出走29回で5連対、連対率0.172、単勝回収率32円と良くない。これまた複勝回収率が119円あるのは困るが。さらにさらに、明らかに格上げ戦で弱いのも良くない。人気ということもあり切るべきでしょう。
本命は6番メイショウポーラー。タイキシャトル産駆の短縮芝1600は抜群の成績。同じタイキシャトル産駆のウインクリューガーが昨年2000mからの短縮で穴をあけているのも心強い。ここ2走頑張りすぎているのだけが心配だ。対抗は同じく短縮で望む7番アポインテッドデイ。前走は10着だがスローを後ろから競馬をしたから問題ないでしょう。逆に疲れもなくいいはず。あとは同じく短縮の1番コスモサンビームと13番キングカメハメハへ。タイキバカラは1600の経験がないのも、前走1200だということも厳しい。

馬連  6 ― 1・7・13

結果
3着流しか・・・。勝ったのは13番キングカメハメハ。やや早い流れを中断で追走。直線坂下で追い出し5馬身差圧勝。2着は1番コスモサンビーム。馬体重がプラス6キロでどうだろうと思ったけどよく走ってるね。3着に6番メイショウポーラー。タイキバカラが掛かって逃げたため2番手からの競馬。直線でそのタイキバカラの外に出したが・・・。上位2頭とは力負けだ。惜しくない3着流しでした。シーキングザダイヤは7着。よくわからないけど全然ダメだったみたい。また負けかあ・・・。

的中率 10.5%
回収率 14.2%
5/2天皇賞・春(GT)
本命は普通だけど14番のリンカーン。前走、阪神大賞典1着馬は最近10年で4勝2着1回と好相性。一昨年のナリタトップロードはレコードの反動、昨年のダイタクバートラムは接戦の反動で負けたが、リンカーンは圧勝と言っていい内容。対抗は16番ゼンノロブロイ。前走の日経賞はクビ差で負けたが、逆に反動が出る可能性も低くなった。菊花賞は神戸新聞杯の反動で負けたが、それでも3馬身差の4着なら上々。今回は勝負になるでしょう。あとは1番ザッツザプレンティと6番イングランディーレへ。ネオユニヴァースは前走の産経大阪杯勝ちが良くない。最近10年、前走で産経大阪杯を使った馬で天皇賞を連対した馬は2頭、2001年のテイエムオペラオーと昨年のヒシミラクルのみ。ネオユニヴァースと違うところはこの2頭は前走で惨敗していたこと。ネオはこの2頭ほど延長適性、長距離適性はないと見ている。さらに前走を勝った疲労もあるからさらに厳しい。今回は消しです。

馬連 14 ― 1・6・16

結果
縦目・・・。勝ったのは4番手に評価した6番イングランディーレ。上で理由は言わなかったが、前走長距離ダートを使っている芝長距離実績馬ということで警戒していた。前走がダートだから今回芝に変わって激走する可能性があったから。離して逃げる完璧に近い内容で逃げ切る。ただ、展開に救われた面もあるが。不甲斐ないのは後方集団。なぜ、簡単に逃がしたのか。2着は6番ゼンノロブロイ。4コナーで2番手に並びかけそのまま2着。リンカーンは13着。馬体重プラス4キロで嫌な感じがしたがここまで負けるとはね。ザッツザプレンティは16着。向こう正面で外に出したけど、内にいた方が良かったと思う。1週目スタンド前もたずなはやや押さえ加減だったから少し掛かっていたのかもしれない。馬連36,860円か・・・。獲りたかったなあ。

的中率 11.1%
回収率 15.0%
4/25フローラS(GU)
本命は8番グローリアスデイズ。前走は3着に負けたがそれでも0.3差。2000m経験、内目の枠には好感が持てる。今度は馬体絞りたい。対抗は17番イントゥザグルーヴ。2000m経験があるのはいいが、外枠は厳しい。東京の開幕週だから内枠が良かった。先行した方が良さそうだが、武豊だからどう乗るかはわからない。あとは13番ヴァルパライソと10番レイナシンフォニーへ。ヴァルパライソは逃げででしか勝ち星がないのが気になるがデビュー2戦は差しで連対しているからそおあたりに期待。レイナシンフォニーは芝経験が少ないが前走芝で勝っているから問題ないでしょう。勢いがある。

馬連 8 ― 10・13・17

結果
本命のグローリアスデイズはハナ差の2着。これは妥当。問題は勝った6番メイショウオスカル。内枠は合うが延長の2000mをこなせたのが驚き。ここ3走はいずれも強い馬を相手に好走していたわけだから弱い馬でないのは確かだけど・・・。オークスはさらに距離が延びるからフジキセキ産駆ということもあり敬遠したい。逆に2着のグローリアスデイズはオークスへ向け視界良好といった感じ。最後はハナ差届かなかったが、オークスへ向けては問題ないでしょう。気になるのは馬体重が-12キロだったこと。次回は急激に増えるとまずいから±2キロくらいにしたい。1番人気の17番イントゥザグルーヴは17着惨敗。ここまで負けるとは少々以外。入着くらいと思ってた。逃げでしか連対したことのないキャリア2戦馬だから人気になりすぎたのは確かだどね。あと、レイナシンフォニーは4着。まあまあだね。3着の12番ムーンフェイスはよく頑張ったと思うけど、エリシオ産駆ということもありオークスはいらないでしょう。

的中率 11.8%
回収率 15.9%
4/18皐月賞(GT)
本命は7番ブラックタイド。前走の後方からの差し切りは少々気になるが、総合力は1番高いから上位には来るだろう。1番人気にならないことを祈る。対抗は18番コスモバルク。外枠なのは良くないが、流れに乗れば問題ないはず。少し期待も込めて。あとは、巻き返しに期待したい9番ミスティックエイジと安定した成績にも関わらず以外に人気薄な1番マイネルマクロスへ。

馬連 7 ― 1・9・18

結果
勝ったのは14番ダイワメジャー。ややスローのペースを2番手で折り合い直線抜け出す。2着は1番人気の18番コスモバルク。大外枠から中段やや前で折り合い、直線勝ち馬を追いかけるが届かず。本命のブラックタイドは後方から直線まったく伸びず16着。ミスティックエイジは5着。マイネルマクロスは逃げ宣言もスタートで立ち上がり、中段のまま7着。
今回はGTにしてはペースが遅く歯がゆい結果になった。ダイワメジャーは決して弱い馬ではないが明らかに展開に助けられた感じ。ダービーに向けてはますます難しくなったが、コスモバルクだけは不安点がなくいいでしょう。逆にブラックタイドは苦しくなった。負けすぎだ。

的中率 12.5%
回収率 17.0%
4/11桜花賞(GT)
本命は6番ヤマニンシュクル。内のいい枠引けた。前走もほどよく負けてちょうどいい。人気も落ちてさらにいい。馬体重は少し減るくらいがいい。対抗は9番ダンスインザムード。マイルで2戦2勝。フラワーC→桜花賞は相性良くないが、負けていないこと、いい枠が引けたこと、鞍上が強力なことで上位に評価。少し絞れた方がいい。あとは前走アネモネS圧勝の10番レディインブラック、PO馬で人気薄の15番コンコルディアへ。
人気になりそうなスイープトウショウは前走チューリップ賞を辛勝で厳しい。近年、前走チューリップ賞勝ち馬で桜花賞を連対した馬は93年のベガと01年のテイエムオーシャンでともにチューリップ賞は圧勝だった。チューリップ賞はレベルが高いため接戦で勝つと次走で反動が出やすい。ベガやテイエムオーシャンくらいの他馬と力差がないと厳しい。ムーヴオブサンデーはマイル経験がないのがどうだろう。ただ、3戦3勝で底を見せていないだけに化け物の可能性もあるが。ダイワエルシエーロはクイーンC→桜花賞が相性悪い。直線広々した東京から阪神のタフなコースへ変わるのは対応できないだろう。

馬連 6 ― 9・10・15

結果
勝ったのは対抗に推した9番ダンスインザムード。4コーナーから先頭に並びかけ突き放す強い内容だった。オークスでも人気になるだろうが、今のところ死角はない。本命のヤマニンシュクルは3着。よく頑張ったが3着が精一杯だった。状態も良さそうだったが、勝ち馬にここまで差をつけられるとオークスは厳しい。レディインブラックはいいところなく10着。コンコルディアは最後スイープトウショウにかわされ6着。
オークスに向けてだが、スイープトウショウは前走の反動で負けただけで、決して評価を下げることはない。打倒ダンス一番手にあげたい。逆にムーヴオブサンデーは1200であそこまで強いわけだから距離が伸びていいわけがない。ビリーヴのイメージかな。2着のアズマサンダースはここ2走とも強い馬をよく追いかけ頑張っているが上積みはなさそうだ。トライアルで面白い馬が出てくることを望む。

的中率 13.3%
回収率 18.1%
4/4大阪杯(GU)
頭数はやや少ないながら好メンバーが揃いました。本命は4番カンファーベスト。混戦でこそこの馬。一度使って状態はいい。内枠も合う。斤量も軽くなる。人気も下がる。あとは少し体重絞れば言うことなし。対抗は11番バランスオブゲーム。休み明けは合う。外枠もいい。GUなら好勝負するでしょう。あとは8番アドマイヤグルーヴ。こちらは期待を込め。5番ネオユニヴァースは切ってみました。休み明けというのと、前走のジャパンカップの負け方があまり良くなかったから。ただ、圧勝してもおかしくないですね。

複勝  4
馬連  4 ― 8・11

結果
本命のカンファーベストは3着。直線入り口で前が詰まって1、2着馬に離されたのがまずかった。あれがなければ・・・。複勝が当たってるから一応的中。でも・・・。勝ったのは1番人気のネオユニヴァース。59キロ背負って完勝。文句はない。2着には人気薄の3番マグナーテン。仮柵が取れた内らち沿いを単騎で逃げれたのが良かった。バランスオブゲームは4着。頑張っているがなあ。アドマイヤグルーヴは7着。+18キロで少し体重増えすぎか?母の域には及ばないか。
的中 複勝210円

的中率 14.3%
回収率 19.5%
3/27高松宮記念(GT)
本命は6番サクラタイリン。連勝中の勢い、内枠、1200向き、好位で競馬ができる。前走はは準OPだがGT経験もある。人気もないから一発に期待したい。鞍上はやや不安。対抗は2番ギャラントアロー。前々走の反動から前走は負けたが、勝ち馬から0.6秒差なら調子落ちはないと見る。内枠だし、うまく逃げられるかがポイントだ。あとはシルクロードSを勝って前走は軽く負けた18番キーンランドスワン、そして不気味な4番シルキーラグーンへ。ブライアンズタイム産躯は同距離の芝1200の連対率は0.182と普通。だが単賞回収率は141円と高い。中京もまずまずだし、内枠もいいので狙いたい。

馬連 6 ― 2・4・18

結果
サクラタイリンは9着。人気ないんだから直線外に出すなよって感じ。勝ったのは2番サニングデール。内々を回って直線外へ。文句の付けようもない。2着は1番人気のデュランダル。休み明けだけど状態は良さそうだった。道中は後ろから2番目で直線は大外へ。よく伸びたが勝ち馬をとらえられなかった。よくやってると思う。3着は18番キーンランドスワン。これは予定通りかな。4着ギャラントアロー。シルキーラグーンは12着。こんなもんでしょう。

的中率  7.7%
回収率 15.4%
3/21スプリングS(GU)
本命は3番コンドルクエスト。かなり期待分が含まれる本命だが状態は良さそう。好勝負してもらいたい。対抗は11番ブラックタイド。力もあるし使われている強みもある。外す要素なし。あとは13番コスモサンビームと15番ミスティックエイジへ。コスモサンビームはよくわからないけど、安定感ある成績からも悪くないのでは。ミスティックエイジも前走負けはしたがコスモバルクの2着なら充分でしょう。外枠なのは気になるけどね。

馬連 3 − 11・13・15

結果
コンドルクエストは離された6着。皐月賞への道は絶たれた。勝ったのはブラックタイド。使われている強みもあるが、格が違う感じがした。皐月賞も要注意だ。2着は1番キョウワスプレンダ。昨年末はいまいちの成績だったがうまく立て直した感じ。ただ、皐月賞ではきついかもね。コスモサンビームは5着。本番を前に少し負けすぎだ。ミスティックエイジは11着。このメンバーで11着だとねえ。一度叩いて良くなったとしても本番は良くて入着かな。偉そうな事は言っているが馬券は全然獲れていない。

的中率   8.3%
回収率  16.8%  
3/14フィリーズレビュー(GU)
本命は3番マルターズヒート。今回も先行で押し切れそう。鞍上も心強い。エルフィンS1着からのローテーションは相性がいいので狙っていきたい。対抗は期待も含めPO馬の4番コンコルディア。阪神JFからの直行組の相性は悪いがなんとか2着に来て欲しい。近2走は内枠が引けず正直苦しかったが、今回は待望の内枠。コースロスなく周り上位を目指したい。あとは外枠が気になる13番ロイヤルセランガーと人気薄の5番エイシンヘーベに流す。人気になりそうな7番ムーヴオブサンデーは1200しか経験がなく怪しい。2着はあるとしても勝つことはなさそう。

馬連 3 − 4・5・13

結果
勝ったのは7番ムーヴオブサンデー。勢いが違う、スピードの乗りが違う。思っていたよりずっと強かった。2着は本命のマルターズヒート。逃げから追い込みにまわる。内枠だから中途半端な競馬はできなかった感じだ。単勝1倍台の人気馬でいきなり追い込みにまわるなんて武豊にしかできないよ。これで桜花賞はどういう競馬をするんだろう。コンコルディアは13着。直線で前が詰まって競馬にならなかった。内枠が逆に災いになった。詰まらなくても・・・どうでしょう?エイシンヘ^ベは+10キロの時点で終了。ロイヤルセランガーは6着。この馬はここまでかな。

的中率  9.1%
回収率 18.4%
3/6中京記念(GV)
本命は1番エイシンチャンプ。先週ジンマ疹で取り消したのは気になるが、開幕の中京で内枠の好位で競馬ができるこの馬が一番有利。大幅馬体重増減はやばい。対抗は13番ナリタセンチュチー。勢いがある。好位で競馬ができるのもいい。初のOPと重賞でそれぞれ惨敗しているところはトニービン産駆らしくないが、人気がないなら買いだ。人気で買う馬ではない。あとは内枠の2番カンファーベスト、開幕馬場を活かして逃げの7番タガノマイバッハへ。

馬連 1 − 2・7・13

結果
エイシンチャンプは4着。スポリッチもうちょっと前で競馬しろよ!って感じ。勝ったのは人気薄のメイショウキオウ。まさか逃げるとはね。逃げが有利な馬場なのはわかっていたけど。これもタガノマイバッハ逃げろよって感じ。2、3着は評価していたナリタセンチュリーとカンファーベスト。ナリタセンチュリーは外枠、馬体増の不利がありながらよく頑張った。今後も注目だ。カンファーベストは斤量が効いた。この馬は斤量には敏感だから斤量が軽くなった時の内枠で勝負したいね。メイショウキオウは今回偶然はまっただけで今後買う馬ではではないね。他の人もそう思うはずだけど。

的中率  10.0%
回収率  20.4%
2/29阪急杯(GV)
本命は10番シーイズトウショウ。前走は1600mを使い体力的アドバンテージあり。サクラバクシンオー産駆の短縮1200は連対率0.264、単勝回収率273円、複勝回収率122円と抜群(種牡馬条件別回収率を参照)。前走は+8で負けたが、今回は少し絞れてほしい。阪神は開幕週で逃げ先行馬有利とみて13番ギャラントアロー、4番アタゴタイショウへ。押さえで大穴の9番ロイヤルキャンサーへ。
当たる気がしない。

馬連 10 − 4・9・13

結果
本命のシーイズトウショウは惜しくも2着。馬体も絞れいい感じだった。勝ったのはサニングデール。開幕週で内枠有利だったが、サニングデールは前走で好走したため予想では外した。結果的に言えば、真ん中より内で走れそうなのはサニングデールとアタゴタイショウしかいなかったので失敗だった。一応馬券は獲れたけど。
ギャラントアローは惨敗。前走の反動が出た感じ。馬体も増えていたし。アタゴタイショウはいい感じだったが、あれが目一杯かな。ロイヤルキャンサーは馬体重+10の時点で終了。最終コーナー回ったあたりではやったと思ったのになあ。

的中率  11.1%
回収率  22.8%
2/22フェブラリーS(GT)
GTに格上げ以来、前走ダ1600以下のレースに出走していた馬で、フェブラリーSを買ったのはノブトゥルー1頭のみ。その当時のノボトゥルーも2連勝中と勢いがあった。今回、前走ダ1600以下のレースに出走し、勝っている馬はシャドウスケイプのみ。そのシャドウスケイプも勢いはない。前走でダ1600以下に出走している馬は消し。
本命は普通だけど10番アドマイヤドン。軽くレース間隔が空くのもこの馬にはいい。昨年は多頭数のダート経験が浅く大敗したが、今年はレース経験も積み問題なし。馬体重は少し増やしたい。
あとは得意のコースで巻き返し!?1番サイレントディールと人気薄の12番ブイロッキーへ。

馬連 10 − 1・12

結果
勝ったのはアドマイヤドン。馬体も増えていい感じだった。スローになったのも良かった。2着はサイレントディール。馬体重が+12キロでどうかと思ったが、コースロスなく回って2着を確保した感じだ。ブイロッキーは10着だけど人気に比べたらよく走ってる。
当たるには当たったけど、これなら素人でも当てられる。数字が0ではなくなったからいいとします。
的中 馬連570円

的中率 12.5%
回収率 25.9%
2/15きさらぎ賞(GV)
本命は8番ハーツクライ。前走で2000mを使っているのはプラス。騎手が乗り替わるのはやや良くないが前走の勢いで今回もいけそう。馬体重は少し絞れた方がいい。対抗は6番ブラックタイド。前々走の3着に負けたのが不可解。ここまで人気になると本命にしにくい。馬体重が6キロ以上増えいると危険。あとは前走シンザン記念2着の3番タマモホットプレイ。延長1800mはあまり良くないが(種牡馬条件別回収率参照)、内枠だしなんとかなるかも。馬体重は絞りたい。さらに12番カンパニー。ミヤクルアドマイヤの孝行息子。ミラクルアドマイヤはトニービン産駆だから兄レニングラードと似てる!?期待も込めて。馬体重はやや絞れた方がいい感じ。11番マイネルブルックはスターオブコジーン産駆で格上げの多頭数は厳しい。4着くらいかな。連対は無理とみて切る。

馬連 8 − 3・6・12

結果
ハーツクライは離れた3着。馬体も絞れて良かったが勝負所で1、2着馬に置いていかれたのが痛かった。経験の差かそれとも・・・?勝ったのは切ったはずの11番マイネルブルック。重賞2戦目というのと前走の勝ちで勢いがあったのか。スターオブコジーン産駆だし、トライアルはわからないけどGTではいらないでしょう。2着はブラックタイド。馬体重は少し絞れ過ぎかなあと思ったけどあの手応えで差されるとは。今後は微妙だ。来週はGTフェブラリーSだけど当たる気がしないなあ・・・。

的中率  0%
回収率  0%
2/8シルクロードS(GV)
本命は9番ゴールデンロドリゴ。2回叩いて走り頃。前々走はGU3着で調子も悪くなさそう。今回馬体重絞りたい。対抗は12番リキアイタイカン。前走は馬体重大幅贈と出遅れで終わり。もともと中京は合っている。あとは11番キーンランドスワンを押さえたい。かわりにワンダフルデイズとゴールデンキャストは今回かなり危険。前走の勝ちで今回反動が出る確率が高い。この2頭が人気になるようならこのレースは荒れる。

結果
ゴールデンロドリゴは6着。馬体重も減らず最後はなだれ込んでの6着だった。人気がいまいちなかったことを考えれば上出来か?
勝ったのは押さえで指名したキーンランドスワン。こういう混戦ではやはり騎手か。このメンバーでは上位だがGTでは?ワンダフルデイズとゴールデンキャストは見せ場なくそれぞれ9、12着。ゴールデンキャストは反動で馬体重が+8キロだった。この時点で確信し切らせてもらった。人気2頭の敗退はわかったが勝てなければ意味がない・・・。

的中率  0%
回収率  0%
2/1京都牝馬S(GV)
本命は人気薄の14番ノブレスオブリッジ。前走の惨敗は600m延長と相手強化での敗戦なので度外視。2、3走前は0.4、0.7秒差と状態も決して悪くない。大幅距離短縮で巻き返しは充分ある。馬体重は減って欲しい。対抗は人気の3番ピースオブワールド。前走は惜しい3着。この馬の力を見せた格好だが少々頑張りすぎ。今回反動が出るかも。

単勝 14
複勝 14
馬連 3 − 14

結果
ノブレスオブリッジは10着。やっぱりダメだったか・・・。4コーナーで外回った時点でダメだった。そうでなくてもわからんが。かったのはチアズメッセージ。調子のいいサンデー産駆は買いということか。2着はマイネアイルで前走勝った馬同士。勢いが全てだった。ピースオブワールドは6着。2歳チャンプも古馬になればこんなもの。追いかけない方が良さそう。正直買いたい馬がいなくて2頭しかあげなかったがチアズメッセージがあれだけ人気がなかったら買いだったのかもしれない。次頑張ろう。東京は開幕週で逃げ、先行馬が有利な感じで東京新聞杯は買う気がしなかった。もう少し差しが決まる馬場にならないとね。

的中率  0%
回収率  0%
1/25平安S(GV)
本命は3番トライワンズラック。調子のいい初重賞のトニービン産駆は迷わず買い、前走が圧勝だからさらにいい。馬体重は少し減った方が良さそう。対抗は4番ビワシンセイキ。種牡馬条件別回収率のフォーティナイナーを見ればわかるが、短縮ダ1800は連対率3割、単勝回収率294円、複勝回収率129円と大爆発。外す理由はないが前走、地方で楽に逃げて今回中央で自分の競馬がしにくい分、対抗に評価を落としました。あとは軽く間隔を空けたのが良さそうな11番クーリンガーと前走圧勝で勢いがある15番シロキタゴッドランへ流す。

馬連 3 − 4・11・15

結果
トライワンズラックは12着。馬体重も増えていたけどそれにしても負けすぎ。パサパサの馬場が合わないのか?勝ったのはタイムパラドックス。馬体重絞れていい感じだった。走れる馬が少なかったのも良かった。2着はクーリンガー。予想以上の好走。冬場は場体重が絞りにくい。結局場体重が絞れた4頭のうちの2頭で決まった。1番人気のビワシンセイキは3着。こちらも馬体重が増え、いまいち。いくら武でもここまでか。
04年度成績
的中率  0%
回収率  0%
1/18京成杯(GV)
本命は5番ビッグクラウン。エルコンドルパサー産駆は芝、ダート兼用が多い。芝の延長も比較的こなす傾向で悪くない。武豊から乗り替わりなのは気になるが。対抗は6番マイネルマクロス。使い込まれているけど問題ないでしょう。馬体重絞りたい。あとは8番コスモターゲットへ。人気になりそうなフォーカルポイントはエンドスウィープ産駆で延長は苦手そう。人気だし買い控える

馬連 5 − 6・8

結果
ビッグクラウンは9着のブービー。芝が合わなかったのか、はたまた距離か。勝ったのは人気のフォーカルポイント。エンドスウィープ産駆は外国産の時の短距離バリバリとは少しイメージが違って中距離までこなせそうな感じがした。追いかけるほどでもないと思うけど。2着はマイネルマクロス。距離というよりは距離延長がダメな馬だから今回のような前走と同距離もしくは距離短縮で狙いたいですね。3着以下の馬とは力が違う気がした。
04年度成績
的中率  0%
回収率  0%
1/11ガーネットS(GV)
本命は10番サンライズキング。距離短縮で変わってきそう。前々走で短いところを使っているのもプラス。対抗は人気の6番マイネルセレクト。勢いがあるし武豊だし・・・。あとは12番シャドウスケイプと14番ディバインシルバーに流す。
馬連10 − 6・12・14

結果
サンライズキングは10着。巻き返さないか・・・。キングローリアスだとこれが限界か?マイネルセレクトは1200では強いね。シャドウスケイプとディバインシルバーは3、5着でまあまあだった。2着のブルーコンコルドは次走は人気ならダメでしょう。
04年度成績
的中率  0%
回収率  0%
1/5中山金杯(GV)
混戦模様で荒れそう。本命は6番カナハラドラゴン。前走は接線後の馬体重大幅増で惨敗。今回絞れれば上位必至。斤量が軽めなのもいい。対抗は11番タガノマイバッハ。今回は長期休養明けにもかかわらず人気になりそうだが重賞2勝の力は最上位。あとは芝で変わってきそうな10番グラスエイコウオーを狙いたい。
単勝 6
馬連 6−10、6−11

結果
カナハラドラゴンは6着。まさか差のない2番人気とは以外だった。人気になりすぎ!それも馬体重は絞れなかった(T_T)タガノマイバッハは長期休養明けだからかなあ。グラスエイコウオーは全然ダメだね。勝ったアサカディフィートはパラダイスクリーク産駆。まさかパラダイスクリーク産駆がって感じ。ワールドスケールはスピニングワールド産駆。スピニングワールド産駆としては初めての重賞連対かな?1、2着馬ともに次走は狙いたくないな。最高のスタートがきれなくて残念だ。
04年度成績
的中率  0%
回収率  0%

    BACK   

種牡馬で馬券を獲ろう
〜簡単馬券攻略〜
ネットでwin−副収入の稼ぎ方−もよろしく